ファクトリーオートメーション

Smart Manufacturing

新しい製造業:
ファクトリーオートメーション
(インダストリー4.0)とは  

産業界にもAIが導入され製造手法に革命が起きましたが、3DプリンターやAIによるデザインの自動生成など発展の余地はまだまだ残っているとミドクラは考えます。産業界におけるAIの応用範囲をさらに拡大することでコストの削減や生産工程の最適化が期待できます。

予知保全

予知保全によって製造装置の状態を診断し、修理のタイミングを見極められます。AIを応用すれば部品の寿命と修繕のルーチンを踏まえたコスト削減やエラーの発生を未然に防止できます。

異常検知

ビジネスをデジタル化するにあたり、サイバーセキュリティのリスクは避けては通れません。コンピューターシステムが激しく変化することに伴い「正常値」の基準が分かりにくくなっています。AIは蓄積したデータを元に異常を検出します。システムが攻撃を受けた際に装置の動作が正常か異常かを判断できるほか、正常な動作を詳細に定義することもできます。

柔軟な製造体制による品質向上

さまざまなツールやシステムに接続できるAIは、生産プロセスを改善し最適化するなど品質向上への貢献が期待されます。

サプライチェーンのリアルタイム化とロジスティクスの最適化

アルゴリズムはサプライチェーンの管理、さらにはロジスティクスの概念に変革をもたらしました。これにより膨大な生産データを機械学習を使って整理したり分析したりできるようになりました。

作業員の安全をモニタリング

企業の価値は従業員にあると言えるでしょう。AIのアルゴリズムを活用すれば従業員の安全を管理できます。人為的なミスや誤操作を予測分析とIoTの技術で検出します。

エネルギー消費 (照明、空調、音響) を最適化

設備のエネルギー消費をシステムが分析し、消費電力も考慮した最適な室温の提案など快適な空間を実現。