小売り

Retail Stores

世界は変わりました。そして私たちの買い物の仕方も。
実店舗はこの5年でかつてないほどに進化し、ネットで注文した商品を店舗で受け取れるBOPIS戦略や専用ソフトウェアによる在庫追跡システムなどを導入してきました。

買い物の仕方はテクノロジーによって劇的に変わったと言えるでしょう。そして今、店舗にAIが導入されようとしています。小売り業のデジタル化を進める鍵であるAIは、店舗を訪れる人々の特別な買い物体験をもたらします。

AI がもたらす小売業界の変革とは?

仕入れる物品をリアルタイムに追跡

追跡ソフトウェアを使えば注文した商品の状況をリアルタイムに確認できます。プロセスの最適化と見える化により欲しい情報がすべて手に入り、棚卸に必要な情報にも簡単にアクセスできます。

always-connected-product-catalog

さまざまな種類の商品を管理。品目とサプライヤーの詳細を紐づけたサプライヤーの一覧が作成できます。

always-connected-ia

AIを搭載したエッジデバイスで取引のライフサイクルを一元管理。配送プロセスを体系化して請求書から配達日に至るすべての工程を管理できます。

always-connected-trace-errors

重複した注文や在庫の数え間違いなど、さまざまなミスを履歴管理。

always-connected-reports

詳細なレポートを数分で作成し、ビジネスパフォーマンス を測定。

AI を最大限に活用

最大限に活かす

店舗のレイアウトや商品の陳列方法を最適化するには、顧客の興味を分析したり、店舗内での動きや行動パターンを把握することが重要です。

maximize-engagement-customer-service

オンラインと実店舗で提供するサービスの差をAIによって小さくできます。その結果、顧客が楽に買い物できることによるカスタマーエクスペリエンスの向上だけではなく、購入者のデータを収集し分析することも可能になります。

maximize-engagement-internet-things

IoTの能力を最大限に引き出すことで実店舗に変化が生まれます。例えば、さまざまな商品をその場で試着できるスマートミラーやオーダーメイドの仕上がりを事前に確認できるパネルなど、IoTの用途は多岐に渡ります。すべての商品をプログラム化することで在庫を抱える必要も無くなります。AIはいわばお客様のビジネスに応える力です。