先進運転支援システム

Advanced Vehicle Assistant

自動運転を実現するにあたり、AIが抱える課題とその理由が明らかになってきました。その要因として、自動車産業におけるAIと機械学習の応用範囲が多岐に渡ることが考えられます。またドライバーなしで走行できる自動運転車両の開発に加え、非常に複雑な交通状況でも車両をナビゲートできるロードサービスシステムの整備が求められます。

ドライバーの安全を見守る

車両に搭載されたセンサーを通してAIがドライバーの行動パターンを検知します。具体的には、ドライバーが疲れているときや運転に集中できていない状況をAIが検知し警告を発します。

monitoring-ai

ドライバーの居眠りや集中力を下げる要因を検知するAIで安全運転支援を実現。

monitoring-safety

パッシブ・セーフティ技術でエアバッグなどの安全装置を最適化。

ジェスチャー操作

ドライバーの注意が散漫になる主な要因として、カーナビなどのパネル操作が挙げられます。指先の動きを追うAIとセンサー技術により、ドライバーはパネルを触らずともカーナビを操作できるようになります。

さらには指先を少し動かすだけで音楽の音量を調整したり、カーナビのルートを変更したり、電話が受けられるようになるでしょう。

gesture-control